ゴールデン帯のテレビに出演後マジでムカつくことがあったので書きます

こんにちは裏も表も両面猫マスター、たまに作曲家の響介です。

猫たちと過ごせる時間を堪能し幸せオーラ満載で日々生きている僕。

現在絶賛連載中の「ニャンデレラーストーリーは突然に」でも書いている通り、そしてテレビでも放送された通り、僕の家の猫たちは全員保護猫です。

みんなとの出会いを事細かに描いていて反響の多い連載。

そんな連載を先日のフジ「坂上どうぶつ王国」で再現VTR化してもらったわけですが、やはり流石の地上波。さらにはゴールデン!さらには僕の話で30分強割いてもらっちゃった結果、大きな反響がありブログのアクセスも急増。色々とすごいことになって嬉しいことばかり

・・・・と思っていたのですが。僕は今めちゃくちゃに怒っています

きっかけは・・・

僕がいったい何にそんなに怒っているのか。

それは、とある連絡がきっかけです。

いや、その「とある」が大量に来たことが、起因しています。

それは

DM

放送直後大量のDMが届きました。

勿論その連絡のほとんどが好印象なご連絡。

「面白かったです」「私も猫マスターになれるように頑張ります!」「私も家絶対建てるって決めました!」

そんな前向きかつ、猫狂いなご連絡がたくさん。そのほかにも業界関係者の方から「あれお前だったんかーい!」的な連絡や見ていて微笑ましくなるものがほとんどでした。

しかし、数件、目を疑うようなDMが来ていて、スマホを70回くらい落としました。

その内容とは・・・

「響介めっちゃブス!」

・・・とかだったら何も怒りません。ええ、だってブスですからね・・・

そんなくだらんことではないのです。そんなしょうもないことではないのです。

僕が怒ったその内容、簡単に書くとこうだ

「猫を飼えなくなったから手放したいんですけど、響介さんのお家なら猫も喜ぶと思うのでよろしくお願いいたします」

というもはや超高難易度の謎解きのようなDMが、来ました。たくさん。

原因はあれでしょう。きっとあれでしょうね。

注文住宅金額「1億円」

どうせこれでしょう。

テレビを眺めていて

お金があって、猫がたくさんいるおうち。今更1匹くらい増えても変わらないだろう。

絶対そんなクソしょうもない思考である。

おい、てめえ、マジでクソみたいなDMしてくんじゃねーよ。

そもそも家は実際に高かった、正直、普通の家よりはお金はかかっています。

しかしな、まずな、そもそも論!

ローンなんだよ!!!この家!僕はお金持ちではないんだよ!!!猫マスターであると同時に借金マスターよ!!!

毎月支払いで息切れしてんだよ!!!

でも猫5匹のために毎日血反吐吐きながら頑張ってんだよ。だってそれ以上に幸せにしてもらってるんだもん。

なあ、テレビの放送で何見てたん?

え?まさかこんなDM送ってくるあなたの地域では、僕がボンボンのお家で

「金余るほど持っててお金使い道ないからでけえ家建てて猫沢山飼ったろ」っていう内容で放送されてました?

何見てたん?ニャンデレラストーリー読んでよ。もう一回テレビ見返してよ。

僕は我が家の猫たちを幸せにするために家を建てた。そしてこれからも恩返しし続ける。

できることなら外の世界の猫、他のご自宅の猫も幸せにしたい。

そんなの当たり前です。力にだってなりたいです。

でも、なんだよ「飼えなくなったから」って。

飼えなくなるんじゃねーよ。

お前の都合とか知らねーから。お前の都合で猫不幸にしていいの?

そうならないように考えて生活する、そうなってしまった時に対処できる環境を用意しておく。

それが飼い主の責務でしょうが。

僕だって元々クソだった

僕だってね、胸はって自慢できるスタートじゃなかったです。借金沢山あって、仕事も不安定。

今の僕が過去の僕を見て、「猫と暮らす」とか言ってたら100%止めます。グーパンチ正拳突き2000発入れます。それは認めます。僕はカスです。

でも、こんなカスの僕ですが、猫と暮らす中で、「絶対的猫ファースト」だけは守って生きてきた。

「猫を手放した方がいいかも・・・」なんて一度も思ったことはありません。

「猫たちとの暮らしを守るために、がんばらなきゃ!!!」と死に物狂いで頑張りました。

どんなにお金がなくても、避妊去勢ワクチン健康診断、全てきちんと決まった時に連れて行ってあげている。生活環境が悪くなってはいけないからライフライン系もとめたことはありません。

お金がないなら自分の生活費削ればいい、洋服も買わなかったし趣味も持たなかった。

何かあった時に「今はお金が・・・」なんて考えず病院に連れて行けるように、猫たちの貯金も始め、いまだにそれには一度も手をつけず、手元のお金で病院に行っています。

家が狭いから運動不足にならないように、毎日猫じゃらしで遊んであげて、それでもダメだと、根本を改善しなきゃいけない!と100平米のマンションを買って、縦横無尽に走らせてあげた。

老後を考えたときに、より足腰強くいてほしい、もっともっと自由に沢山遊んでほしい、その思いで注文住宅を建てました。

僕は勝手に仕事がうまく行ったのでもない。宝くじが当たったのでもない。猫たちに力をもらって、猫たちのために頑張れたんだ。

僕が今の暮らしをしているのはお金が有り余ってるからではなく、猫ファーストに生きた結果にしかすぎないのです。

それを言うに事欠いて「響介さんのお家なら猫も幸せだと思うんで」

っ、何を一丁前に「猫の幸せ」語ってんねん。

本気でそんなこと思ってるならお前は二度と幸せなんて感じる権利ないからな。

一度家庭に迎え入れてもらった猫が、家から追い出されること以上の不幸なんてないんですよ。死ぬのとほとんど同じだと思ってほしい。

猫たちは「この家でこの人と、暮らすんだ」と、そう信じて家に来てくれてるんです。

それを馬鹿みたいな自己都合で裏切って、家から追い出すんじゃない。

そんなクソみたいなこと言うあなたのことでさえも、猫は大好きでいてくれてるんですよ。

一緒にいたいと思ってくれてるんですよ。

改めて自分を見つめ直して、猫たちの幸せを考えてあげてください。

僕の家のプライオリティーは”我が家の”猫たちです。偶然家の庭で倒れてる猫がいた!とかそんなレベルのよっぽどのことがない限りはこれ以上不用意に猫を飼ったりもらったりはしません。なぜなら今の子たちの幸せを守ることが最優先だからです。

そして間違っても保健所に連れて行くような人間の最底辺のやるような所業はしないでください。

猫マスターからのお願い

荒ぶった記事で申し訳ありませんが、この記事をここまで読んでくださった「これから猫と暮らそうと思っている」方。

ぜひ、保健所に目を向けてあげてください。こんなDMを送ってくるようなカス野郎どもが数多の猫を保健所へ連れて行って、尊い命、かけがえのない小さな小さな大事な人生を奪っています。

我が家の猫もほとんど保護猫です。

そんな出会いを書いた連載もしています。飼う前に、ご一読ください。

言い方が変ですが、ワンルームからマンション!注文住宅!と派手に演出しているので「勝ち組」と揶揄されることも少なくありませんが、違うんです。

どんな家に迎えられた猫たちも、皆様が愛を持ってずーーーっと、一緒に暮らしてあげて、ともに過ごせている猫たちは全員「勝ち組」なんです。

死んだら、全てが終わりです。生きていれば幸せになれます。そして猫は家族にも懐きますが、「家にも懐きます。」だから、迎え入れてあげて、その家で、家族で、愛してあげてください。

こんなDM送ってくるやつにこそ読んで欲しかった。

僕は1匹でも多くの猫たちを救いたい!そんな大それた活動化ではありません。

ただ、我が家の猫たちのように全猫がニャンデレラストーリーを運んできてくれます。

愛せば愛した分、愛され返されます。そしてその幸福の循環が、それぞれのニャンデレラストーリーになるんです。

本当に、こんなDM送ってきた人はこんなブログ最後まで読まないんだろうな。とか思ってしまう。

でも、一人でも多くの人に届いてほしい思いで、荒ぶりが激しいですが、書かせてもらいました。

あー。猫たちに癒されよーっと!

荒ぶる響介と荒ぶる響介を見ると膝に乗ってくる猫たち