変顔猫リュックと愉快な仲間たち
世界一の猫たちを世界一幸せにする猫マスターの奮闘記
おすすめグッズ

猫を飼うのを勧めない理由と、飼い始めるときに必要なもの、おすすめ猫グッズ

こんにちは。響介です。

この猫ブログ、普段はおふざけのような日常をただただ綴っております。

が、今回は大真面目に猫を飼い始めたい!そんな強い思いを秘めた人達が見にきてくれたと信じて真面目に書きたいと思います。

わからないことが一発で簡単に解決できる内容になっています。

それでは早速聞き綴っていきましょう。

まず最初に覚悟を決める。

IMGP1965

まず、始めに。覚悟を決めることです。

何の覚悟かと言いますと

それは

猫に飼われる覚悟です。

生きていく時間の8割くらいは猫に持っていかれます。

飼うための覚悟一覧・・・いや、簡単な覚悟で飼って欲しくないので、

猫を飼うのを止める理由を過去の記事や写真を参考に作ってみました。

これを見てもまだ飼いたかったら本物の猫好きと認められるでしょう・・・

猫を飼うのを止める理由

IMGP1291

こちらは猫を飼う際必読だと思ってください。

飼うのが嫌で嫌で仕方なくなると思います。でも、猫を飼うというのはそのくらい大変なことなのです。

スマホやPCの写真フォルダを否応なしに劇的に圧迫

スクリーンショット 2015-11-25 11.07.09


猫を飼ってない人からすると「なんで同じ写真が20枚くらいあるの?」と疑問になるくらい同じ写真が大量にフォルダに残ります。

布団でまともに眠ることは諦める

基本的には布団は猫様のものです。布団で寝たければダブルにするかもう一つ買ってください。

トイレだろうが何だろうがプライバシーはなくなる

IMG_9509

理由はわかりませんがトイレに行くと必ずと言っていいほどついてきます。

「おまえちゃんと砂にウンコできんのか?匂いちゃんと消せよ?」

的な優しさかもしれません。

仕事中気が気じゃなくなって全く集中ができなくなる

IMG_6057

仕事してたり集中してればしてるほど面白い動きをします。そしてなぜか遠巻きにすんごい見てきます。在宅仕事の方などは仕事時間が半分くらいになってしまうと思います。

座ろうとしたり寝ようとする場所には大体いる

IMG_9526
IMG_9527

飼い主のいるところはすべて猫様の場所です。いた場合は即座に譲り人間はソファの肘掛やベッドの縁など工夫して座ることを勧めます。

部屋をオシャレにしたり、置きたいものは大体置けない

基本的には高所に物を置けば落とされます。猫様の手のサイズのものなら弾いて落とされます。見慣れないものを置くと驚愕します。

爪が遂げそうなものには一度爪を立ててみます。

何があっても逆らってはいけない

逆らえばその家にもうあなたの居場所はありません。あなたは絶対服従するしか道はないのです。

なんか実際飼ってみるとそんなに顔が可愛くない瞬間が7割くらいを占める

IMG_9495

白目をひん剥きベロは出しっぱ、寝言にいびきは当たり前。ひどい猫だと目を開けたまま眠ります。※写真参照

けど可愛い瞬間は本当なんかよくわからんくらい可愛くてやばい

IMG_9518IMG_2118 IMG_1977
ある瞬間にふと見ると、そこには幸せしかない時があります。辛い時に猫様を拝むと必ず可愛いのです。

椅子という椅子そして机はご主人様(猫様)のもの人間は地べたへ

先述の通り居場所はありません。それは椅子もベットも机も同じです。人間は床生活に戻るのです。

餌のタイミングは秒単位ですらずれてはならない

餌の時間が数秒であろうとズレようものならそれは死を意味します。

休日が体感5分くらいになる

IMGP3739

休みの日に猫を見ると危険です。

「おはよう猫たち・・・・・・か、かわいい

と思ったら最後、不思議な魔力が働き何をするわけでもなく休日は終わっています。

なんか飼う前に思ってたイメージより人間感が強い

暑ければ大股を広げ、クーラーの前に居座る、寒ければ布団から出るような愚行はせず最低限の動きで生活。

テレビを一度見ればしばらく離れることはせず一度寝たら起きません。耐えてください。

猫様には絶対服従

急に走り出し、急に泣き出し、急に一点を見つめてもあなたには何もできません。ただただにやけながら写真を撮るなり見守るなりするしかないのです。

まだまだありますが・・・このくらいにしておきましょう・・・

飼う際に必要なもの

箇条書きでズババッと!まずは猫ちゃんを迎える前に本当に必要最低限なものだけ書き出します。

IMG_5902

猫と暮らすのに必要なもの

  • 猫用トイレ
  • ケージ
  • キャリーケース
  • 爪とぎ
  • 餌、水

実はこのくらいです。意外と少ないですよね。

注意すべきは野良猫を保護した場合!

野良猫を保護、最初にするべきは・・・・

IMG_2469

※我が家のポポロンは家に来た当日からこんな感じでした。

「うおおおおお!!!子ネコ保護した!とにかく保護した!!!何が必要だ!!!」

的な緊急な状況であれば、トイレと餌だけあれば正直全然大丈夫です。

トイレはすぐに買いはいけないと思うので新聞紙を切り刻んだものを小さいダンボール等に入れて簡易トイレにしてあげるなどでも大丈夫です。

最初のご飯で気をつけること

IMGP1290

やりがちな過ちとして、

  • ミネラル水、かつお節

はあげないようにしてください。ミネラルが多すぎて尿管結石になりかねませんので。  

迎える猫ちゃんの大きさにもよりますが、生後3か月未満くらいの保護猫ちゃんとかだと、ミルクを飲む可能性がありますので、猫用(ここ大事)のミルクを用意して、哺乳瓶等であげてください。

おチビちゃんはミルクも餌もあげすぎると結構すぐお腹壊しますので、回数分けてあげたりして優しくあげてください。

野良猫を保護するくらいですからあなたはきっと優しい方です。

餌と水を置いて、タオルなどを敷いて、暖かくしてくれているでしょう。

それはとても正しい判断です。

そしてそんな優しいあなたは心配で心配で何度も猫ちゃんを見つめ、

「さっきから全然食べてない・・大丈夫かな・・・?病気かな・・・・?」等不安がよぎっているかと思います・・・

全く食べずにいたら口にご飯を持って行き、「食べて〜涙。。心配だよ〜涙」

などやっているかもしれません。

しかし、食べない理由はあなたが見つめているからです。

餌だけ出して、遠目から

「見てないですよ〜別に〜。。きょ、興味ないしぃい〜〜」

的な感じで見守りましょう。見たい気持ちはわかります。僕も見たい

しかし

むしろ最初は放っておくくらいじゃないと食べてくれません。

これはペットショップ等で買ったネコなども同じです。(懐っこいネコもたくさんいますので一概には言えませんが)

猫にとって目を合わせる行為は敵意をむき出しにしているという意味合いになるそうです。喧嘩前とかによくなるやつですね。

IMGP1716

そりゃ僕たち人間だって自分の知らない場所に連れてこられ自分の2、30倍の大きさの生き物がジーーーッと見てきてわけわからん言葉ブツブツ言ってたら食べ物喉通りませんよね。。

ということなのである程度お世話をしたら適度に放置!も大事です。

餌以外に最初にしてあげるべきこと

そして放置!の前に一番やっておいて欲しい大事なことが

体を拭いてあげて、目ヤニ、鼻水をしっかりとること。

IMG_7982

外にいる猫の多くが猫風邪を引いています。(気持ち的にはほぼ100%だと思っていて欲しいです。)

目ヤニ、鼻水がついたままだと一生治りません。最悪それが原因で死んでしまったりもあるので、こまめに拭いてあげてください。最初は30分ほど経つとまた出てきてしまいますが、何回か拭いてあげるだけで、すぐよくなってしまいます。ティッシュを少し濡らして優しく拭けば簡単に取れます。

もちろん目立った外傷等あれば一番は病院に連れて行くことですが、ひとまず元気そうであれば上記の方法で時々様子を見て、翌日にでも連れて行ってあげてください。

初めての動物病院・・・大事なこと

IMGP1138

初めての動物病院、何をどうしたらいいかわからない、、必要なものは・・?

等色々と不安かと思いますが、病院に着いたら

「ネコ!ホゴシタ!ゼンブ!カウ!オレ!ゼンブ!カウ!!!ネコ!スキ!!!」

くらいの感じでも優しく取り合ってくれますよ。みんな最初は動物病院は初めてですからね。

ちなみに地域によっては野良猫の保護だと初診料を半額や無料ににしてくれる病院もあります。(殺処分反対の病院とかはやってくれるところも多いみたいです。)

※僕の住んでいる地域の病院では「保護猫の検診をタダでやります。」と謳っている病院が結構あります。とはいえ、本当に地域や先生がたの方針によるので、そこは悪しからず。

そこで、猫エイズやノミ、虫下し、その他病気や怪我などがないか見てもらって、ご自身で飼うのであれば

次いつ来たらいいか、何をしたらいいか親切丁寧に教えてくださります。

ちなみに病気が見つからなければ、ワクチンを打つ日を決めて、それが終われば基本的に病院に行くことなくなります。

そして、保護はしたけど飼うことはできない。。そんな方もいらっしゃると思います。

そんな方は先生に相談すると、病院に里親募集の張り紙等貼ってくださり早急に見つかることも多いです。

IMG_8193

病院に連れて行ったその後・・・

病院も終わったら、あとは部屋で放し飼いもよし、ケージを買いに行って1、2週間はケージで飼うもよしです。最初はなつかず逃げ回りますし、子猫だとマジでどこにいるかわからなくなって危険なので事故防止のためにも最初はケージをお勧めします。すんごい大きい声で鳴いたりする子もいますが早い猫だと2、3日でなついて一緒に寝るようになったりしますのでそしたら片付けてしまっても大丈夫です。

ちなみにうちの猫はケージを買って、一度入れて5時間後には一緒に寝ていてその後逃げることも無くなりそれ以降病気等もないのであれ以来一度も使っていません・・・・悲しいような嬉しいような・・・

人によっては

部屋狭いし、物もないから見つかるよ!だからいらないでしょ!

と思う方もいるかもしれませんが

病気などした時に、猫は病気を忘れて遊んでしまったりして悪化することが多いです。

それを未然に防ぐために持っておいたほうがいいです。

キャットタワー、爪とぎは買うべき?

おそらく皆様がなんだかんだこの記事をここまで読んでいるということは・・・家族が増えるのでしょう・・・(圧)

そこで!そんな家族を幸せにしちゃうグッズもご紹介。

爪とぎ

壁でガリガリやられたくなかったら用意しておいたほうがいいです。小さいものでもいいので、用意することをお勧めします。

猫は爪の手入れでストレス解消、そして爪を整えることで安全面も確保しているので。

我が家の猫は小さい頃から徹底して爪とぎで研がせていたら壁で爪を解いだりし無くなりました。頑張ればみんなの家もきっとそうなるはず!!!

オススメはカリカリーナ!!

キャットタワー

あると猫ちゃん喜びます。かなり!

大きさは正直何でも大丈夫かと思います。

大きいに越したことはありませんが、家の広さもありますし・・そもそも・・・

IMG_0703 2

キャットタワーがあってもこのようにわけわからんところで休憩しだしますから・・・

でもここで覚えておいて欲しいのが、

猫は横運動より縦運動、つまり走り回るより上り下りで運動をすることで運動不足が解消されます。

おデブちゃんも可愛いですが、体のこと考えると平均体重が健康的で長生きもしますので、家に高いところ等がなく運動不足にならないようにするのであればある程度高さのあるキャットタワーがおすすめです。

ご飯のおすすめ

猫の餌は本当にたくさんあって悩ましいかと思います。

しかし守るべきは、記載されている年齢くらいです。

「子猫用」

「1歳未満」

「7歳以上」

など記載がありますのでそちらを守ってあげてください。

年齢に合わないご飯は栄養価が違うため、実は体に良くないのです。

ご飯を食べるだけで歯のケアが出来る優れ物です。

単体だと高いので・・・他のご飯に混ぜて食べさせたりしています。

ご飯自体の質も他の追随を許さない妥協なしのクオリティです。

餌を急に変えてはダメ!!!

猫は動物の中でもトップクラスにストレスを感じやすいのです。

餌が急に変わると「昨日とちゃうやんけ」というストレスがかかるそうです。

他にも部屋の模様替えや、持続音でも結構なストレスを感じることがあるようです。

犬は飼い主に、猫は部屋に懐くというのは有名な話ですね。

つまり一度決めた環境から固定しておくのが大事なんです。

引越しや模様替えには細心の注意を!!まあ実際本人たちはそこまで気にしてなかったりすることもあるようですけどね・・・笑。

実は猫にもとっても大事な歯磨き

猫は歯周病が多い動物。

それを対処するにはもちろん歯磨きが大事です!

猫用の美味しい歯磨き粉も売っています。

どうしても歯を磨くことができない子には歯のケアが出来るご飯をお勧めしています。

歯磨きの重要性を語った記事を書いています。

購入はこちらから

カナガンデンタルキャットフード

餌台も大事!

こちらの記事で細かく書いていますが、猫の食事の姿勢は内臓などの負担に大きく影響を与えるので、負担の少ない姿勢を作るのもとても大事なのです!是非餌台にも気を配ってみてください。

おすすめ猫グッズページ

猫も人間も幸せに暮らす空間のためにもお時間あるときに一読くださいな!

追記:この記事、そしてこのブログを題材にした僕の著書

「猫を飼うのをすすめない11の理由」が

発売になりました。この記事の内容よりもさらに濃く、面白おかしく「猫と暮らす本当に大切なこと」を一冊の本にしました。

全猫好きに読んでほしいです。

最後に

これを読んで飼う気になったかはともかく、飼ったら最後まで幸せにしてあげてくださいね。

必ず幸せを運んでくれることは間違いなしです。

一つ特筆したいのが

ペットショップで買うのももちろんいいとは思いますが、それよりも保健所等に足を運んで、猫たちを助けてあげてください。

放っておけばすぐに殺処分になってしまう可能性もあります。ペットショップに足を運ぶより先に、一度保健所や里親の譲渡会などものぞいてみてくださいね。各都道府県、市町に野良猫や捨て猫を保護されている方や団体様などもいますし、保健所に顔を出せば思っているよりも簡単に助け出すことができます。保健所だといろいろ大変そうな気がするかもしれませんが、全然そんなことないんです。HP等に写真を載せているところもありますし、保健所に猫や犬がいるところなら一度連絡を入れれば手続き等もそんなに面倒ではありませんよ。

命を助けるためにも、そういういったところから少しでいいので気にしてみてください。

飼えない方は我が家の猫たちに癒されてください!

では幸せな猫ライフを!!!!

超幸せ者響介と響介が命かけて幸せにしたい猫たち