猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.34】真面目すぎる現場監督担当、猫マスターに呆れられる

大問題となってしまっていた天井高問題をクリアし、感無量の猫マスターと現場監督さん。

二人で家中を眺めていたのだが・・・

突然黙りこくる現場監督さん

え?怖い怖い・・・何で喋らんの・・・・?どうしたの・・・?

よく耳をすますと音楽家の僕でもギリギリ聞き取れないくらいの音量で天井の一点を見つめながら小さい声でぶつぶつ何かを言っている・・・

まさか天井大変すぎて精神イカれたんか・・・?

と心配になったその瞬間・・・・現場監督さんが口を開いた

「天井のクロスのサンプルって今持ってますか・・・・?」

徐に打ち合わせで頂いたクロスを現場監督さんに渡すと

現場監督さんはこう言い放った

「このクロスじゃ・・・ダメです・・・」

えっ

待って、まじで今さら何言ってんの?

天井問題が解決したと思いきや、まさかの爆弾発言を投下してきた現場監督

どういうこと?まじでどういうこと?あほなの?

インテリアコーディネータさんと決めたクロスになぜ急にケチつけだしたの?馬鹿になっちゃったの?働きすぎて知能が低下したの?

あばあばしている僕を尻目にこう続けた

「このおうち、間接照明入ってますもんね・・・・・?」

その通りだ。我が家は僕のこだわりポイントで一番最初にあげた「コーブ照明」がLDKに取り入れられている。

コーブ照明とは

よく見るこういうやつ

簡単にいうと電球のように直接地面を照らすのではなく、隠した位置に照明を置き、天井や壁などを照らし空間を演出するというものだ。

図面を見れば分かるとおり我が家にはこのコーブ照明が一般住宅では考えられない量入れてある。

図面のLDを囲っている棒のようなものが全て照明だ。

しかし、このコーブ照明とクロスが一体何の関係があんねん・・・・

僕の家に本気になりすぎた現場監督さんの暴走が始まる

「このクロスだと、間接照明で照らされた時、パテで埋めた部分が浮いて見えてしまう可能性があります・・・・」

と続けた。

僕自身コーブ照明を入れるにあたりいろいろ調べていて、パテの浮きに関しては知っていた。

そしてその浮きは、かなりの住宅で、新築だろうがリノベだろうが発生してしまっているという事実も、知っていた。

それを知った上で色味を優先し、このクロスを選定していたのだが、僕の家に本気になりすぎた現場監督さんの暴走は止まらない。

「絶対クロス変えないとダメです!浮きが出てきたら!大変です!今からコーディネーターさんに連絡して、似た色でもっと厚いクロスにしましょう!!!」

いや、ちょっと待って絶対今やるべきじゃなくない・・・?しかも僕的にはまあ理解してるとうか、なったらなったでいいやと思ってるんだが・・・

という僕の思いを跳ね除け

「変えましょう!!!変えましょう!!!よし!!!変えます!!!」

えっ?変えることに決まったの?

「激ヤバ担当に連絡して許可もらいますね!」

え、お前何言ってんの?馬鹿なの?

激ヤバ担当さんに連絡

火がついて止まらない真面目すぎる現場監督さん。即激ヤバ担当に許可をもらいに電話かけ出した。

激ヤバ担当さんとの会話が漏れ聞こえてくる

現場監督さん「お疲れ様です!響介さんのご自宅ですが!クロス変えます!」

激ヤバ担当さん「え、お前何言ってんの?馬鹿なの?」

僕と同じ心境丸出しの激ヤバ担当さん。

ことの経緯と意向を伝えると

激ヤバ担当さん「いや、でもクロスの厚さ変わると値段上がるぞ?あんな広いLDK全部生地ランク上げたら数十万値段変わってきちゃうけど、響介さんはそこなんて言ってんの?」

現場監督さん「その話はまだしてません!」

ちょっと待って、現場監督さんそんな偏差値2みたいな人だったっけ?壊れた?天井直す時頭打った?

現場監督さんの謎の意向で価格が跳ね上がったら恐怖すぎるぞ・・・と震えて電話を盗み聞きしていると・・・

激ヤバ担当さん「お前真面目すぎんだよ。そんなの黙って薄いクロスでやっといて、引き渡しの時になんか言われたら『あ〜、出ちゃいましたね、でもこれは仕方ないんです』で、いいんだよ・・・・」

なんか激ヤバ担当さんが上司っぽいこと言ってる・・・これに関しては正直めっちゃごもっともだと思う・・・僕自身理解して選んでるし、そういうもんだと思ってます・・・もういいんだぜ。。。現場監督さん・・・

現場監督さん「でも!ここまで拘ってて浮きが出て嫌な思いさせたくないです!どのクロスに変えても100%出ないとは言い切れませんが最善は尽くしたいです!」

いや、漢気が溢れすぎてんだよな・・・

激ヤバ担当さん「うーん・・・・」

いや、そりゃ頭抱えるよな・・・・

・・・・・

激ヤバ担当さん「おk」

えっ!今「おk」っていった!!!????どゆこと!!!?この状況でクロス変えられるの!!!???

ガタガタ震えていると激ヤバ担当さんはこう続けた

激ヤバ担当さん「めんどくさいから俺の権限でタダで変更でいいよ。お前真面目すぎんな、何なんだよめんどくさい。まじでめんどくさいからお前が勝手に頑張れよ。価格のことは響介さんには気にすんなってそれだけ言っといて、じゃ」

めちゃくちゃ口悪いけどすごいかっこいいこと言ってない?

満面の笑みで僕の元に戻ってきた現場監督さん

「響介さーん!オッケーですって〜!」(少年のような笑顔)

いや、

ですって〜!

じゃねえんだよ・・・何で僕の意思が介在してないところで勝手に家が良くなってくんだよ・・・・すげえなお前ら・・・

ということでインテリアコーディネータさんと再度打ち合わせをして、まさかの2倍くらいする良質クロスに変更に。

いや、本当に良いんか・・・まあ・・・良いのか・・・・

何だ・・・ここまで拘ってきて、ここからは勝手に家が良くなってくシステムなの・・・?

いやはや、本当に僕の人運。あっぱれだ。

こうしてクロス貼りまで突き進んだ我が家

最高の人々に囲まれ、いよいよ完成が近づいて来た我が家。

色々あったけど、色々あったけど、、結局いろんな人のご協力でここまで満足のいく形でこられている。その事実が嬉しくてたまらない。

クロスが貼られていく家を見て、完成に近づく家を見て、住む実感がどんどん湧いてきた。

しかし、やはりここでタダでは終わらない僕の家。

次回

現場監督&激ヤバ担当「え、お前何言ってんの?馬鹿なの?」

乞うご期待

次の記事はこちら

本日の新居画像は〜

腕にニョーン!のソラ姫!

「まだ全貌はダメよ・・・」

と言わんばかりの顔。ついつい見せすぎちゃいそうになる僕のストッパー。

早く全貌公開したい〜!!しかしまだまだ色々あるのが我が家なのです

乞うご期待!

オススメ記事

【新築建築後1年で間取りを変え出す男の物語Vol.2】家を建てた時から憧れだったソファが届いた結果がこちらです。

2022年3月17日
リュックと愉快な仲間たちブログ
前回までの記事の通り、僕は今猫たちのために家を大模様替え・・・いや、もはや大改装? 大きく変化を加え、猫たちがより幸せになれるように …
猫と音楽家の暮らす理想のお家

【新築建築後1年で間取りを変え出す男の物語Vol.11】猫への飽くなき探究心が炸裂。この写真を見て、とあることに気がついたあなたは、猫マスターになれます。

2022年3月29日
リュックと愉快な仲間たちブログ
こんにちは。懲りない男こと響介こと猫マスターです。 猫のためのシアタールームをDIYして、無事完成。 すぐさまみんなが使ってく …
猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.95】「住友不動産はクソですよ」でお馴染みの激ヤバ担当降臨。味方にいると心強いが・・・今回は違う・・・どうなる・・・

2021年7月25日
リュックと愉快な仲間たちブログ
前回の記事でお話しした通り、痛みわけでの対処を打診された僕。 僕側の「サインをしたという事実」 住友不動産側の「営業が途中で辞 …