ニック

先日人との会話で「宅配の兄ちゃん」を「宅配のにっちゃん」と言ってしまったのですが、実在しました。

こんにちは。基本的に毎日引きこもっていることが9割以上なのですが、人と会わなければならない仕事や、お話ししなければならない場面など沢山あります。

・・・が、そもそも基本コミュ障で、お話が下手な僕はよく噛みます。

猫と話す時は平気なんだけどなあ・・・。

そんな僕ですが、最近人と会話で、宅配ボックスをお勧めすることに。ここが便利で、これが良くて〜。と説明をしてたのですが

「宅配のにっちゃんも楽でいいと思うのよね〜」

・・・・

宅配のにっちゃん

脳内で2万回くらいやまびこしました。

(「宅配のにっちゃん」「宅配のにっちゃん」「宅配のにっちゃん」・・・・今、「宅配のにっちゃん」っって言ったよな・・俺・・・絶対噛んだって思われてるよな・・・・「宅配のにっちゃん」って・・・)

(いや、まあ・・・突っ込まれてないし・・・スルーしてくれたってことでいいか・・・はず・・・・)

最近は宅配ボックスも進化していて、スマホ操作できたり管理できたり本当便利なんです・・・新築じゃなくても設置できるものも多いので是非検討を。

こんな可愛いデザインのものから

実用性重視のものまで、様々。ネットショッピング多い人にはお勧めです!

帰宅した僕を待っていたのは・・・

にっちゃん「こんちゃ、この荷物どこに置いておけばいいっすか?」

宅配のにっちゃんだ

※我が家の美女「ニック」の愛称「にっちゃん」

宅配のにっちゃん「なんかナマモノみたいなんですけど、どうしたらいいですか〜!?」

うん・・それナマモノってか、ボコモノだね・・・・

宅配のにっちゃん「あざっしたー!」

いや、受け取ってねえし・・・

昼間言い間違いをしてしまったキャラが家に実在してたなんて・・・すごいな・・

いや、むしろ外でも我が家の猫たちのこと考えすぎてる証拠だよな・・・。リュックサックとか見るとリュック思い出すし、空を見上げればソラを思い出す。

お菓子を見れば大体ポポロン思い出すし、警察見るとピーボを思い出します。

ピーボ「・・っふ・・・あなたは、真実に気がついていないようね・・・」

いやどんな設定・・・どの立場で話してるのか・・・?ボコモノじゃないの・・・?

ボコモノ「にっちゃんの本当の姿をあなたは・・・知らない・・・」

本当の姿・・・?宅配のにっちゃんは仮の姿・・・?

紹介のにっちゃん「こちら、世にも珍しい新鮮なピーボです!真っ黒です!今なら60万ちゅーる!」

紹介のにっちゃん

販売のにっちゃん「今ご購入の方限定で50万チュールまで値下げします!」

販売のにっちゃん

ゴリゴリのにっちゃん「おい、みたんだから買ってけよ。見るだけでも普通に価値ありまくりだからな?うちらなめてっと痛い目みんぞ?」

いや、まじでゴリゴリやんけ・・・

売り物のボコちゃん「にっちゃん・・・いいわね・・・?行くわよ・・・?」

ん?

目配せのにっちゃん「いいわよ・・・せーの・・・」

なんなん・・・

合体のにっちゃん&合体のボコさん「二人合わせて!ニッちゃん☆ボコちゃんです!」

ヘキちゃんトラちゃんみたいに言うなよ・・・そのうちニクボコ劇場になっちゃうよ・・・

にっちゃんにはいろんな種類があったんだな・・・

「宅配のにっちゃん」はその中の氷山の一角に過ぎなかったと・・・。

つまり「言い間違えした!」と思ってたけどこうして実在したなら、ギリ間違いではねえやろ・・・・

にっちゃんのおかげで恥かかずに済んだわ・・・ありがとうな・・・

神の一手を極めしボコさん「王手!」

いやもういいよそれ・・・終わったのよそのノリ・・・

しかも最後だけなんか文字数的なアレ全部無視してるしだな・・・

まあ僕にとっては「愛しのみんな」だゼッ☆

「ブサイクの響介」と「可愛すぎるみんな」