猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.4】猫マスターの選んだ猫のための注文住宅HM(ハウスメーカー)

こんにちは。完全に僕です。

絶賛家計画の記事になっていますが、もう少しお付き合いください・・・。

現在「猫と音楽家が暮らす理想のお家」というテーマで記事を書いています。まだ読んでいない方は是非最初から!

前回の記事でHMの特色やおすすめポイントを紹介しましたが、僕はいったいどこのHM(ハウスメーカー)にしたのか・・・・

当たった人いるかな・・・・?

それでは正解を発表いたします!

猫マスターが選んだHMは?

「住友不動産」

引用:住友不動産 プレミアム・J・シリーズ

です!!!

意外だったかな?

理由は簡単。

メリットにも書いていた

「普段はオフィスビルや高層マンション開発とかばっかりしてる会社なので、高級マンションのような内装を得意としていて、キッチンや建具、細かい仕様がマンション仕様のハイグレードなものが標準で入っている。」

ことです。

モデルハウスや企業ページにいくとありえんくらい煌びやかな画像が数多出てきます・・・

引用:住友不動産 プレミアム・J・シリーズ

全て再現しようとしたらそれこそ億単位かかってしまいそうですが・・・こう言った施工が得意な会社であればある程度コストを抑えつつも高級感も出せそうだし、猫たちのためのわがままを沢山言っても融通が効きそうです。

契約前の打ち合わせで「こんなおうちにしたい!」という参考画像を数枚持っていったのですが、なんと偶然ネットから拾っただけの画像の7割強が住友不動産の物件でした。

「え、じゃあ住友不動産にお願いすれば理想の家になるやんけ・・・」

ということで、割とサクッと決めちゃいました。担当さんも

「言ってくださればどんなことでも対応しますよ!多少の無理でも必ず抜け穴ありますから!」みたいな感じで信頼できそうな感じだったのも決め手です。嘘でもこのくらい言ってくれた方がなんとなく安心できるタイプなので笑。

耐震が!とか上を見ると色々気にはなりますが、いや本当正直な話、今時大手HMで耐震疎かにしてるところなんてないんですよ。

そりゃ頑丈であるに越したことないですが、

ちょっとしたことで壊れるような家建てる会社はありません。(無論建てる場所や地域によってはより強固な耐震性能のある家を選ぶ必要がある場合もあるかもしれません)

僕が家を建てるにあたり購入した土地も自然災害系には強い土地で、きちんと耐震等級取れてればそれでいいかな!と。

その辺も鑑みると結局実際の住み心地、サポートが手堅いかどうか、扱う内装部材、コスパ、営業さんの人柄あたりが勝負になってくると思うんですよね。

と言っても住友不動産は耐震もバッチリですからね!!!等級もきちんと取得していてバッチリの安心感です。

コスパコスパ、と言っても住友不動産はHMではどちらかと言えば割合高い部類にはなるのですが、、、

満足いく家を建てたい、そして高級感も欲しいし猫たちのための空間も欲しいし、間取りもある程度相談に乗ってくれる、防音工事を外の業者の施工にしても大丈夫だった、、などなど色々含んだ結果総合点的に住友不動産になりました。

決め手

・耐震等級3取得

長期優良住宅!節税にもなりますし、何よりお家が安心な証拠。大事です。

・高級マンション的な内装が得意

「高そうな家建てたい!」そんなあなたは是非住友不動産のモデルハウスを見てみて下さい!webページでもおけ!

・天井高が既に2600mm

理想の一つに取り入れていた天井高が既に高い!オプションで高くもできるそうだが、これでも十分かも!

・営業担当がいい人そう

下手したら半年から一年位かかる注文住宅。長く付き合っていく担当さんはできるだけ気が合う、いい人がいいです。これは絶対です。良い家たっても気分悪かったら良くないですからね。

いよいよ、ハウスメーカーが決まり本格的に打ち合わせがスタート・・・

正直猫のために!といくら言っても、家自体のクオリティが高いに越したことはないので、まずはしっかりとした安心かつサポートのしっかりしたハウスメーカーを選ぶべきだと思いました。

無論間取りや細かい部分は融通きく必要がありますが、「猫用オプション」みたいなものに関しては、猫グッズをこちらで揃えていたり部屋の形などでよくしていきたいのでそこに関してはそこまで拘りませんでした。DAIKENの取り扱いがあればキャットウォーク等はありますしね。

僕は僕なりの思考を凝らした独自性がありつつ、皆様でも真似ができるような、我が家の猫の幸せを他の家にも共有できる家を目指します!

やっと決まったハウスメーカー。ここからどうやって打ち合わせが進んでいくのか、よくわからないままスタート。

僕の手書きのクソ汚いイメージ図からどんな家が出来上がっていくのか・・・打ち合わせがとっても楽しみ。

走り回るみんなを想像するとにやけちまうな〜。

みんな「なんかニヤニヤしてて気持ち悪いけどとりあえず飯はよ」

僕「あ、は〜〜〜い」

次回

クソ汚い手書きのイメージ間取りが、現実へ。

注文住宅の打ち合わせでこのクソみたいな手書き図面をプロに渡したら凄いことになって返ってきた」

僕のクソ汚い図面含めて、乞うご期待!

次の記事はこちら

オススメ記事
猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.84】走り疲れて寝落ち、まではわかるけど、そんなとこで寝ます?

2021年6月30日
リュックと愉快な仲間たちブログ
猫は意外とよく走ります。 猫と暮らしていない方はなんとなく寝て過ごしているようなイメージの方も多いかと思いますが、マジで結構走ります …
猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.88】家に問題が見つかり、住み始めて数ヶ月・・・工事が再開することに・・・数ヶ月ぶりにレジェンドメンバーが招集。

2021年7月16日
リュックと愉快な仲間たちブログ
どうもこんにちは。僕です。完全究極隊猫マスターです。 本日からしばらくは・・久々の暗黒系記事。 ストレスがかかる可能性がありま …