猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.20】「暗黒編」スタート。※すぐに他人に感情移入してしまう、メンタルの弱い方は読まないことをお勧めします。

いよいよ20回目となりましたお家記事

多いような少ないような・・・。猫のブログだ!という意識がなかったらまだまだたくさん書きたいことは山積みなのですが、おそらく

「早く猫見せろよおい!!」

という勢力も多いので笑、これでもコンパクトにまとめているつもりでございます・・・。どうしても抑えるとこ抑えると長くなってしまってすみません。。。

と、とりあえず猫画像です・・・

リュック「なにい!?なんかいやなことあるのか!?とりあえず一緒にトンネル入る!?」

とまあ、そんなこんなでなんとか間取り、色決めの打ち合わせも終盤に差し掛かってきました。

ここまで終わってしまうと後は家が建つのを待つのみになる・・・・

・・・・のが普通なのですが・・・

前回の記事、最後の最後に不穏な空気感で締めましたが、今回20回目からは「注文住宅暗黒編」に入ります。

猫マスターの注文住宅。暗黒編開幕

注文住宅をお願いする上でゼロではないかもしれない、でも「そんなことある?」ってな内容になってきます。

すぐに他人に感情移入してしまう、メンタル弱い方は読まないことをお勧めします。

ここまで僕のわがままで突然の変更やら何やらはたくさんありましたが(今思えば担当さん的には僕の家を担当するのは暗黒編だったかもしれません笑)

設計上の問題や、願いが叶わない点なんかもちょこちょこはありつつも、担当さんやコーディネーターさんのおかげでほとんどの夢が叶えられそうな感じでした。

家で妄想を広げ、散歩中も

「この家よりでかいかな?」とか思いながら歩幅でサイズ測って「うちの方がでけえ!すげ〜!」とかやったり、少年のような心で日々を過ごしていました。

しかし、図面完成間近で大問題が発生してしまいました。

しかも。

2個

一体何が起きたのか

SNSでも皆さん予測してくださっていますね。

建ぺい率、日照権、天井高、色んな憶測が飛び交っていますが、全て違います。

ちょっと面白かったのが、

人の不幸を喜ぶ人が多いのか、突然「お?結局家建てられないのかな?」みたいなリプが突如増えて面白いです。

安心してください。「家は建ちます。」これだけはお約束します。

ここまで読んでくださっている方を裏切るようなことはしません!

では、一体何が起きるのか。想像し得る最悪全てを想像してください。その中のトップオブ最悪ではないかもしれませんが個人的にはトップオブ最悪な事件。それは・・・・

・・・・

・・

土地が、なくなってしまいました。

過去記事で、「土地は購入してあったので」と記述をしていましたが、実際は

「話は通しておいて、家のローン審査が通り、建てられるのが確実になってから正式に売買契約を結ぶ」という、いわゆる仮予約のような状態で土地を押さえていました。普通であればここから他の日が買うこともなくなることも、覆るようなことはなく、住宅と同時に手に入れて着工、が普通なのですが・・・・。

まさかの事態で、土地がなくなってしまいました。

立地日当たり近隣よし、希望のサイズで全てが叶う最高の土地でした。

しかしなんと、とある理由で突然購入ができなくなってしまいました。

その理由とは

実際にはなくなったのではなく、売主様が、土地を売れる状況ではなくなってしまいました。

土地の持ち主の方がかなりの高齢で、持病か何かで契約の直前で状況が悪化してしまい入院。

意識がきちんとないらしく体も動かせないので、無論サイン等が一切できなくなってしまい契約ができなくなってしまったのです。

とても変な言い方ですが、亡くなった場合は御子息などに相続され、契約が結べるのですが、、しっかり生きていて、ただただ動けない状態、ということらしく、この状態だとことがうまく運べないと・・・。

なんとも言えない状況ながら不動産会社には

「長く待てれば手に入るかと思いますが、お急ぎということでしょうから諦めた方が賢明かもしれません・・・まさかこんなことになるなんて、不動産業ながいですが、初です・・・すみません・・・。」

と言われてしまい、なんとびっくりここにきて白紙に戻ってしまいました。

普通ではありえないこと。

しかし誰が悪いとかでもない。偶然に偶然が重なってしまったのです。

何より打ち合わせであれこれ変えまくった僕が、ここまで拘らなくてほんの数日でも早く本契約を結べば間に合ったのか?

いや、そもそもコロナがなければ打ち合わせはもっとスムーズで早く済んでいたのでは・・など、、

自分の不運さを呪います・・・。

「土地なんてまた探せばいいさ」

そう思いたかったのですが・・・

この土地問題に際し、大きな問題が差し掛かります。

ハウスメーカーとの契約との問題

住友不動産との契約で着工をいつまでにする、など細かく決めていたため、急いで土地を探さなければなりません。

とは言っても建てる予定だった土地がかなり大きく、角地で環境もとてもいい土地でした。そして何より家が大きいため今の図面がそのまま入るような土地はそうそうないのです。。駐車場問題なんかもあったりして・・・

住友不動産に協力してもらい50個ほど希望地付近で売地になっている土地を出してもらいましたが、僕の理想のお家が入るサイズの土地は・・・

1個だけでした。

いや、逆に家どんだけでけえんだよ・・・。普通の土地じゃ建てらんねえのかよ・・・

しかし、唯一あった土地も角地ではなく更には国道沿い、環境的等考えてもお世辞にもあまりいいとは言えない場所でした。

こんな土地を「じゃあ時間ないんでこれで」

なんてノリで買って環境が悪くてみんながストレスにさらされては元も子もありません。

まさかの時間制限付きで一度白紙に戻ったような状況になってしまったのです。

さあどうする猫マスター

悩みに悩みましたが、契約もある、せっかくローンも通ったのに土地がないんじゃ全てが台無しになってしまう・・・。ローンは一回通ったからまた通るわけじゃありません。特にコロナ禍で収入が安定していないとみなされたら、落とされかねません・・・・。注文住宅が遠ざかるようなことだけは避けたい!

もうこうなったら足で探すしかない!!!

ということで希望の地域あたりを一日中とにかく練り歩き、その土地の近所の猫たちに

「君たちが暇つぶしに使っている広めの空き地はないかい?」

と聞き込み調査をしながら土地を探しまくりました。

何匹かの猫が「こっちだぜ」と言わんばかりの顔でゴロゴロしてたのでその近辺を歩いてみると・・・・

なんと偶然ほぼ同じ環境同じようなサイズ感の土地が売りに出ているではありませんか!!!

即販売業者に電話をしようとすると、なんとびっくり、他の不動産からの案内で別の人が!!

目の前で内見に来ているではありませんか!!!しかもめっちゃ買いそう!!!

やばい!!!

とりあえずぶん殴って阻止するか!!!???

いや、それは絶対アカン!!!

ということでその人が連絡するより先に即連絡を入れ、押さえてもらい、土地柄の昼と夜の顔をチェックし、問題なさそうだったので、たった数日で購入しました。

なんというスピード感。

(記事用に即決のような感じで書きましたが、かなり色んなところを見て、情報を得て、プロの意見も織り交ぜながら選んだ安心できる場所だと判断しての購入です。土地の即決は危ないみたいな気分悪くなるコメントしないでくださいね)

ちなみに、購入後判明したのが、僕の購入した土地の周り一帯をまとめて買い上げた不動産会社がいて、僕の連絡が遅れたらそこごと丸っと買い取られていたようです・・・。建て売りのまとめ売りのために土地を買いあさっていたようです。ギリセーフ・・・・。

なんとか無事着地

なんとか再度土地を手に入れることに成功し、再度計算や建蔽率等含めたチェックをして頂き、問題なく家が建てられそう!

というところまで持っていけました。

文字で書くとたった数百文字。とても簡単そうですが、心臓が止まりそうな思いでした。

だって何年も頑張って準備してきて、やっとローンも組めて、家もほぼ図面完成まで行って、土地がなくなるなんて、誰が想像しますか・・・。

時代を恨みます。でも、きっと、あの土地に住んでいたら良くないことが起きたのかも。神様が最高の場所に住めるように運命にいたずらしたのかもしれない。

そう心を入れ替えて、図面の最後の打ち合わせへと向かいました。

最後の最後の打ち合わせで起きた、「そんなことある?」な出来事。暗黒編第二章。

「な〜んだ、土地、結局買えて問題なく家が進むんだ!そんなに暗黒編じゃないじゃないか〜!」

きっとそう思ったでしょう。

しかしね。この注文住宅計画。問題はこれだけでは終わりません。

不穏中の不穏。何が起きるか当たった人にはディープキスします。

次回

なぜこんなに不運が続く?先行き不安の着工準備。天国と地獄

乞うご期待

次の記事はこちら

オススメ記事
猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.2】猫マスターの考える猫と音楽家が暮らす理想のお家

2021年3月24日
リュックと愉快な仲間たちブログ
前回の記事で「家建てるぞ!」と言い出したものの、建てばなんでもいいってもんじゃありません。 僕が建てたいのは普通のお家ではないのです …
猫と音楽家の暮らす理想のお家

家を建ててよかったなと心から思える最大の変化点。其の三。最強のデカ窓

2021年8月13日
リュックと愉快な仲間たちブログ
家を建ててよかったなと心から思える最大の変化点シリーズ。なんとなく自分でも改めて過去のお家との変化点を振り返りエモくなれるので勝手に書き綴 …
猫と音楽家の暮らす理想のお家

【猫と音楽家の暮らす理想のお家Vol.27】一番楽しいはずの上棟会で大の大人がまさかの声を荒げて大喧嘩

2021年4月18日
リュックと愉快な仲間たちブログ
前回お伝えしたように、やっとこさ上棟会まで辿り着くことができました。 みなさま 「なげえよ、早く家見せろよ」 と思ってい …