美女に囲まれる夢を見ている僕。目覚めると同時に正夢に。

皆様も一度は思ったことがあるでしょう。

美女(美男)に囲まれたい!

と。

僕はありますとも!男の子ですもの!!!!囲まれたい!!囲んで!!この!僕を!囲んでー!!!

毎日猫達には囲まれている僕ですが、そんな機会はまぁそうそうあるわけもなく…

「いつか…囲まれてみたいもんだぜ…」

そんなことを思うことすらなくなってきた29歳夏…。

残り僅かな(?)囲まれたい願望を胸に秘めつつ就寝すると…

ad

夢で美女に囲まれたのです。うひょお夢でも嬉しいもんやなあ

完全に夢だという自覚がありながら意地でも目覚めようとしない変態具合を露呈しつつも、意識がだんだん現実に近づいてきてしまい…

ああ…僕の美女達よ…半泣きになりながら目を開けると

…………えっ……?

こ、これは…まぎれもなく…

美女軍団だああああああ!!!!

あかんて!!あかんて!!!

正夢になるの0.02秒後て!!嬉しすぎかよぉおお!!!!

ad

ソラ姫「私達はあなたのいびきがうるさすぎて、壁際に避難して震えおののいている女子達よ。勝手に勘違いしないでもらえる?」

えっ

ニック「人生、色々あるわよ。でも、大丈夫、一つ確かなのはあなたが美女に囲まれることはないわよ。絶対。」

なんかめちゃ傷ついたけど、猫達に囲まれてるのは事実だしそれが一番幸せだから万事オッケー

二度寝したら3万匹の猫に囲まれる夢でよだれ垂らすほど幸せだった響介と毒舌美女軍団

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!