猫達にこんなに怒りが芽生えたのは初かもしれません。許さん。

皆様、猫に怒ったことはありますか?

僕は猫圧を感じてる時にいつもこう思います

「クソゥ!!なんでそんなに可愛いんだよ!ふざけやがって!僕だって可愛くなりたいんだぞ(?)そんなに可愛かったら家から出るの嫌になるじゃないか!!仕事するの嫌になるじゃないか!!まぁいいか!!!」

てね。

まぁ「なんの話ししてんの?」て感じなのはかいてる僕自身もそう思ってるので、ご安心を。

まぁ本題に戻りますが、僕が猫に怒るなんてことはまぁほぼほぼないわけですよ。というかないかな?

基本的に、「ま、猫だし」で済むというかね。

部屋が汚かったら、それは僕の掃除不足だし、寝坊して腹ダイブされたらそれこそ本当に僕のせいだし、怒る部分なんか存在しないのですよね。

しかしそんな猫達に…僕は今怒りの炎が燃えたぎっているのです。

ad

とある日の猫圧である…

みてください。この幸せな顔を。

世界最強美女ソラ姫

同じく世界最強美女ニック

世界最大顔圧のリュック

いや、お前耳どこやった…

そんな日々の幸せ猫圧を体感しつつ、みんなを撫で回していると…

ad

ポポロン&ピーボ「僕達、私たち…」

えっ?

ポポロン&ピーボ「結婚します」

ええええっうええ!!!!!

何!何その急展開!!

僕「ダメですお父さんは許しませんどっちも僕と結婚してください(?)」

ポポロン「ペロリ」

いや、ペロリでごまかされねえぞ…くそう…

ピーボ「結婚します」

わかったよ!!いや!だめだけど!

撫でて欲しくて可愛すぎる目立ち方やめて!!

可愛すぎて卒倒しそうになった響介となんやかんやみんな仲良しのみんな

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!