さ、寝るか……ってちょっとまって、君たち誰に並べられたん?絶対並べられたよね?それ。

並べられたこと…ありますか?

ないですよね。普通。ええ。普通はありませんよ。

強いて言うなら学校で「前、ならえ!」でならばされる、ってところでしょうか。

いえ、しかし僕が言いたいのはそんなもんではありません。

疲れて寝室に入ると…

文字通り並べられてるんです。猫たちが。

何者かの手によって…

持ち上げられて君はここ、君はここ、と並べられたような…そんな光景が広がっていました。

ad

ほら

このソラ姫の嘘臭さ。絶対並べられた!!何者かによって!!(マジで僕じゃない)

リュック「うるさいな、みんなでまどろんでるのに」

女子たち「こいつ、ほんと空気読めないわ」

あ、あ、な、な、なんか、すみません

ad

リュック「こうやって斜めから見たらかっこいいでしょ。それをやってんの」

斜めから見たらかっこいいやつをやってんの?どやこと?

リュック「もう…本当話伝わらんな君は。IQが20離れると、会話が成り立たなくなるらしいよ。俺が5億で響介は8だから、そりゃ会話成り立たないよ」

僕8なん。

リュック「わかったらさっさと寝てください。俺たちは斜めから見たらかっこいいやつの練習するから」

あ、はい…なぜか参加してないポポロンと寝ますね…

いや、本当誰が並べたんやマジでと疑問でいっぱいで眠れなかった響介とそのまま寝たみんな

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!