猫たち連れてみんなでキャンプみたいなことしてみた

キャンプ。

それは男のロマン。いや、全人類が(多分)憧れる最強の時間。

もう本当さ、子供の時とか外で寝たくなかった?

なんかいつもと違うところで寝たりするとすごいテンション上がって興奮したりしませんでしたか?

ほんと部屋は一緒でもベットじゃなくて床で寝るだけでもテンション上がったり、家族と出かけて帰りの車で寝ちゃったり、そうやって普段と違うところで寝たりするのってすごいテンション上がりますよね。

僕だけですかね?

それの最上位互換がキャンプ!

外で飯作って外で遊んでキャンプファイヤーとかいろいろして外で寝るそして外で起きる!

最高の至福の時間過ぎる…

小学生位の時は父がキャンプに連れて行ってくれたりして、そのたびにいろんな思い出を作ってきました。

なんかそう言う体験を猫たちともしたい!と思って…

やっちまいましたよ例のアレを使ってね…

ad

ジャジャーーン!!

カリカリーナジョルノ!

というかもはやただのカリカリーナパーティ

※センスのない響介なりに、中央のジョルノがキャンプファイヤー的なイメージでやっております。そのつもりで温かい目で見守ってあげてください

いつも通りジョルノで爪を研ぐリュック代表。

リュック「おや?」

ん?

リュック「何やら赤く光っておるぞ?」

そう!何を隠そう…キャンプファイヤー感を出すために!中に赤いLEDを打ち込んでいるのだ!ふはははー!!!

ad

って、えええぇぇええ!!??

り、りゅっくが!!のぼったぁあああああ!!!!!

にしても…猫が登れちゃうほど頑丈なジョルノ…ちょっと引くわ…しっかりした作りにもほどがあるやろ…

リュック「なんだ、LEDか」

いや、言ったじゃん。

てかLEDなら別に気にならんのか…

ということで気を取り直して!

うほぉ…これはもはや…カリカリーナ会議…

カリカリーナキャンプ…

まぁネーミングはなんでもええ、レッツ!スタート!!!(何を)

どうだい。これがキャンプファイヤー(風)だぞ。

いつもと違う雰囲気に猫たちもさぞ興奮しているであろう。

テントとかもあるし、個人的にはマジでキャンプ。結構テンション上がってる。勝手に。

ほら見てごらんなさい、ネズミたちも集まってきましたよ。

いや、本物のキャンプファイヤーだったらそこによじ登ったら完全に燃えるけどな。

ああ…リュックのこの手…完全にテンション上がってる時の手だわ…こう…グネッとね…

もうみんなったら、テンション上がっちゃって席替えとかしちゃってるの〜〜?可愛すぎるんですけどお〜!

僕の席はどこ!?僕はどこかなあああ〜〜!!??

んん〜〜〜???!この感じ!この感じということはこの手前の丸太が僕の席か無〜??ウッホ〜〜!!

ネズミさんたちもテンション上がりすぎ〜!

リュック「・・・」スタスタ・・・

お、どうしたリュックうう!!!なんかやるのか!なんかやっちゃうのか〜〜〜い!!?ウヒョ〜〜!!

リュック「おい、みんなー。もうそろそろいいよ、あいつも多分そろそろ満足でしょ。これ以上付き合うのも疲れるだろうし、解散ね〜」

えっ

ま、まさか・・・僕・・・一人でテンション上がってたの・・・・?

そして誰もいなくなった・・・・

寂しい29歳のおじさんに気を使ってくれてたんだね・・・・

い、いいさ・・・ね、ネズミさんたちと・・・遊ぶから・・・別に・・・いいさ・・・今日から・・・猫マスター改め、ネズミマスターにでもなるよ・・・

こうして拗ねて夜中までこっちでLED入りのジョルノを眺めていた僕であった

コミュニケーション下手な響介となんだかんだ優しい猫たち

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!