仕事って本当に大変だって話。ポポロン編

前回もお伝えしましたし、

そんなこと周知の事実やろ

て話ですが、仕事て、本当に大変。

どんな仕事でも簡単な仕事、楽な仕事なんてないんです。

とはいえ僕がやっている仕事は…他とは比べ物にならないくらい…大変なんだぜ…

ad

なんてったって…猫マスターだからな…

本業の猫マスターの合間を縫ってパート感覚でやっている作曲家の仕事…

その二足のわらじのつかの間の休息でも…

これである。

好きな映画を、好きなアニメを、好きなだけ見たい。そんな時でさえこれだ。

素人の方には

「猫を膝に乗せるだけの簡単なお仕事」

そう見えているだろう。

しかし違うのだ。

これをみてお気づきだろうか?

そう。

ポポロンを出来るだけ薄ーくペチャーンてなるように膝に乗せておく

という義務が課せられているのだ。

ad

見よ。この足。そしてケツ。そしてケツ。

このプリーンペチャーンの感じをうまく保ちつつ映画を観る。そんな天国…地獄のような所業である。

しかも…最も大変なのは…

ゴゴゴゴゴゴ……

そのほかの猫達の、嫉妬である。

マジで、生半可な気持ちでは出来ねえ仕事だぜ…

この嫉妬の嵐にも負けず、足をプルプルさせることも許されない響介と過去一薄いポポロン

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!