変顔猫リュックと愉快な仲間たち
世界一の猫たちを世界一幸せにする猫マスターの奮闘記
ソラ

本日も猫たちにカバンを差し押さえられていたため、仕事を全力で休みました。ごめんなさい

ええ、わかっています。

わかっていますよ。

猫マスターは仕事休みすぎだって言いたいんでしょう。

猫と一緒にいたいからって仕事休むなよって!言いたいんでしょ!!

でも、違います。僕の本業は猫マスター。休んでいるのではなく、働いているのです(圧)

いや、そんな本日も、カバンを奪われてしまいました。

ad


見えますか?この2匹の間に見えるネイビーのもの。

そう。僕の仕事用のカバンです。

出かけようとして、ソファに置いて。髪の毛をセットして、リビングに戻ったら

ad

こうですね。これはもう休むしかないですね。

この顔を見てください

きっとカバンとったら怒りますよ。猫のものは猫のもの、僕のものも猫のものなので。選択肢は休む以外ないのです。

上から見たらわかる通り、ソラ姫の左手もさりげなくカバンを差し押さえています。

そしてベローーーン。

ソラ姫「あなたは、もう休むしかないのよ。家で私たちと遊びなさい」

うっひょー!姫に言われたらもう仕方ないかなぁ(๑•́ω•̀) 休むしかないなぁ、仕事行きたかったけど、仕方ないかー(๑•́ω•̀) !!えへへー!!

何が何でも休みたい響介と実はなんでもいい猫たち

ad

ABOUT ME
Kyousuke
本業:猫マスター 副業:作編曲家/サウンドプロデューサー/ギタリスト とにかく猫が好き、自宅から半径5km圏内の野良猫全てに勝手に名前をつけている。 お腹が空きやすい 美味しいお肉とラーメンに目がない30歳♂ 猫と追いかけっこがしたくて家を買う