ピーボ先生の餌出させ講座「鳴いたり詰め寄ったりなんてしない。とにかく、ただただ見つめる。それこそが餌への最短ルートだ。」

猫ちゃんの餌への執着心、すごいですよね。

たまに怖くなるくらいです。

しかし我が家のデラ美人ピーボ先生は、おしとやかに餌を要求して来ます。

ad


キュイン(僕の心の奥の何かがきらめく音)


デュズン(僕の理性とかなんかもういろんなものが木っ端微塵になる音)

何も言いません。とにかく見る。


ヒャフヮハヮ(全身の力が抜け天を仰ぎ崩れ去る僕の音)

カリカリーナの上から、僕を見る。

ad


バーーン(もう普通に僕が床に倒れる音)

何も言わなくてもわかる。

餌、欲しいんだな。

てね。

そしてピーボもわかってる。

「こいつは見つめてりゃ餌出す」

てね。

その通りです。

でもまあ写真じゃ伝わらないかな・・・

本当体感ではこんな感じよ


1分放置するごとに圧は強まり


こう

そしてさらに1分経てば


こう

そして3分経つ頃には


体感的にはこう!

5分も放置しようもんなら

こう!!

寝坊したら!


こう!!!

響介とホステスピーボ

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!