いや、ご飯奪わないよ…なんでそんな見張ってんの…

最近お仕事バタバタで帰りが遅くなることもしばしば、、、

と言っても誤差は1時間前後に抑えてるつもりなのですが、やはり体内時計が時計より正確な猫たちはごまかせません…!

いつも怒られつつ「すみませんっ!すみませんっ!」とか言いつつご飯を出します。

そんな帰りの遅くなってしまったある日。

ad

部屋を開ける前から猫たちの殺気を感じます。

ドアを開けると部屋は散らかり、足に激突してくる猫たち…!

これは!一分一秒を争う戦いだ。部屋に入った以上これ以上遅れるのは死を意味する!

そしてぼくは光の速さでご飯を出した。

…だが

えっ

めっちゃ見張っとる。めっちゃぼくが食べないように見張ってる

自分は颯爽と食べ終え瞬時に見張りに徹するソラ。

どうした…ぼくがみんなのご飯奪ったりしたことないでしょ…

ソラ姫「時間すら守れない奴が、人の飯を奪わないという保証がない。ちょっと食べたいくせに」

むむ…。失礼な…食べたいけど…

にしても食べるの速すぎじゃない?もっと食べないと…

ad

バイトリーダーリュック「おーい、ポジション交代だぞ〜飯行ってこ〜い」

いや派遣かよ…

すげえ制度整ってる…

ブラック響介とホワイト猫たち

ad

「ねこのきもちWEB」にて「リュックと愉快な仲間たち。あ、あと響介」が絶賛連載中!