変顔猫リュックと愉快な仲間たち
世界一の猫たちを世界一幸せにする猫マスターの奮闘記

天国と地獄と天国な2019年を乗り越え、2020年。

皆様、改めて、去年は本当に本当に本当にありがとうございました。

もうね、ブログで語りきれないです。

まず、最初に日頃からこんなブログを読んで頂いてる皆さまに本当に感謝を申し上げたい!

本当にありがとうございます。

2019年を

簡単に、振り返ってみたいと思います。

まず去年最大のビッグイベント

僕の著書

「猫を飼うのをすすめない 11の理由」の発売。

そしてなんと即座に3度の重版。

売れすぎやろ!と自分で言うのもあれですが、売れすぎです笑。

まだの方、是非読んでみてください。我が家の猫を知らなくても楽しめますよ。

いうたらただの素人の僕の買いた本がこんなにたくさんの方に読まれるなんて、嬉しすぎて。

そしてなんと年末に台湾での出版まで…。

この本は保護猫シェルターに売上の一部が寄付されるようになっています。売れれば売れるほど、、たくさんの猫ちゃんが救われます。

我が家の猫たちも全員保護猫、里親猫です。

「世界中の猫たちを幸せにしたい」そう言い続けていても

「結局人間1人の力なんてたかが知れてる」そう思ってしまったりして、なかなか動き出すこともできなかったのですが、こう言った形で非力でも力になれた事。本当に幸せです。

皆様の大事なお金を使って買ってくださったそのお金は一部は保護猫のため、残りも全部僕の家の猫のために使っていますので、全て猫のためのお金になります笑

リュックたちが我が家に来て、僕が受けた恩、幸せは計り知れないのです。世界中の猫に恩返ししたいんです。

こんなふざけた文しか書けない僕にお声がけ頂いたサンマーク出版様、担当の金子様、改めて本当にありがとうございました。

そして、2019年一番、いや、おそらく人生で1番の地獄を味わいました。

冗談抜きで死のうとも思いました。

皆様的にも衝撃が大きかったと思います。

リュックの、肥満細胞種。

https://rikkusora.club/himan1

正直トラウマになっていて、記事を読み返すのも怖いんです。

そして毎日のボディチェックのたびに手が震えます。

猫たちと暮らし始めて、初の大きな病気。

リュックの首にしこりを見つけ、不安で不安で怖くなりました。

しかし、不安は的中、病院に行くと肥満細胞種と診断され、あれよあれよと検査検査で、即手術。

あの悲しみを忘れることはないと思います。本当に辛かった。悲しかった。

しかし無事手術を終え、余裕で回復…

とはいかず、まさかのそのままの流れで我が家の猫全員がカリシウイルスに感染。

https://rikkusora.club/kari

1週間、全猫がご飯をまともに食べず、血の嘔吐を繰り返す。

ただただ、地獄絵図でした。いや、あれはただの地獄です。

もう、まともな意識でいられなかった。

みんなを助けなければいけない、でも何もできない、ただ見守るしかできない。

辛かった。

カリシウイルスは、術後直後でただでさえ傷の治癒に回復力を使いたいはずのリュックは大ダメージ。

ご飯をほとんど食べず1キロも痩せてしまいました。みるみる痩せていくリュック、あんなに優しく、あんなに元気なリュックが。と、24時間泣いていました。

そして先生のおかげでリュックが良くなってきた、と思いきや、ポポロンが大大大ダメージ。

よだれを垂れ流し、ずーっと吐いている。

ご飯もほぼ食べず、水分が全て出てしまうので、30分くらいかけて水を飲む、そしてまた吐いてしまう、そんなのを1週間弱。繰り返していた。

もう、誰かが苦しんでるのをみたくない、もうやめてくれ、助けて、、いろんな思いが巡りました。

しかし、この地獄から、僕の信頼する先生が熱心にご対応くださり、無事見事全員を救ってくれました。

この全員には僕自身も含まれています。本当に後1日あの地獄が続いたら、僕は死んでたかもしれない、そのくらい辛かった。

先生がメンタル的なケアもしてくれたり、休日しかも超深夜に注射を打ってくれたり。

この地獄からみんなが無事健康体にまで復活したのは先生だけじゃなく、、

皆様の応援があったからこそでした。

信じられない量のリプ、励ましの言葉をいただきました。

お守りを送ってくださった方もいました。

手紙をくれた方もいました。

とにかく色んな形でたくさん、励まし、温かいお言葉をいただけました。

いまだに仕事場に、あの時のお手紙やお守り、飾ってありますよ。本当に、ありがたかったです。

おかげさまで、腫瘍も良性で、術後も全く問題なし、肥満細胞種も完全に取り除けていて、転移等も一切なし!ウイルスによる後遺症等もなし!

最高の復活でした。

・・・・と思った直後の

ソラ姫の粟粒性皮膚炎。

https://rikkusora.club/bisora1

ある日突然の発疹、ド派手なはハゲ・・

病院に連れて行くと原因は蚊。

今までそんなことなかったのに!ここにきて突然のアレルギー反応でした。

痒そうで痒そうで、かけばかくほど皮膚もハゲてしまい、痛々しい姿に。

しかしウイルスの時とは違い、気を確かに、先生の言いつけを守り日々を過ごしたら、一週間程度ですぐに良くなりました。

そこで生まれたドーナツ姫が可愛すぎて、Twitterで話題になっちゃいましたね。

と思ったら次はニックのハゲ・・・そして実はピーボも粟粒性皮膚炎(超短期)もやりました。

ニックピーボは本当に大ごとになることもなく先生に相談しいただいた指示通りですぐに元どおりになりましたが、、

今まで病気なんてなかったのに、本当に気が狂うほど、一気に。

2019年。最悪でした。本当に最悪でした。

しかし、こうしてみんなが元気でいる、元気で僕の膝の上で寝ている。

寝るときもみんなで布団に潜り込み、みんなで爆睡。そして朝起きて猫圧を食らって、ご飯食って遊んで笑って。

それって、まじで最高のことなんだよな、と。

命の重さ、今僕が感じている幸せを再認識することになりました。

猫たちに、またたくさんのことを教えてもらいました。

結果、幸せなんです。だから、最高なんです。

実はそんなこんながあってしばらくしてから、大好きな祖母が、急死してしまいました。

今年は本当に、いろんなことがある。

これ以上何も、誰にも起きないでくれ、そう願っていたのに。

2019年、最後の最後に親族一同で見送りました。

本当に本当に、2019年を漢字で表すなら「命」です。

幸せを感じている今、それも全て命があるからで、とにかくみんなが健康だからこそこの「当たり前」を感じることができるんだなと。

本当に当たり前のことを再認識しました。

辛いことばかり、たくさんありましたが、だからこそ、2020年は一日一日をしっかり生きて、愛する人たちのために、頑張るのです。

何せ猫圧を毎日体感させてもらっているなんて世界一の幸せ者なんだから!!恩返し、頑張るんです。

色々あったけど、こんなに!こんなに元気モリモリ!!!

そして皆様、本当にいつもありがとうございます。こんな馬鹿丸出しの僕の書いた文を読んで笑ってくださる方が毎日1万人くらいいる事実。

それもまた、幸せなんです。

本業の音楽家も、このブログでは語ることはありませんが笑、前例のないとんでもないプロジェクトをスタートし、今までのように縛られて苦しく生み出すのではなく、楽しく、生きています!

世界最強で世界最高に健康で世界最高に可愛くて・・・とにかく最高の猫と暮らして、いい曲作って、たくさん稼いでたくさん恩返しします!

今年は人生かけた大きなことを、猫のためにやりたいと考えていて、前半はそのための準備期間!後半は一気に動かします。

皆様に幸せのおすそ分けをさらにできるよう、そして世界中の猫にもおすそ分けが届くよう、命をかけて頑張ります!楽しみにしててください!!!やりますよ!僕!!!

謎のテンションですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

とにかく燃えている響介と健康第一最愛の猫たち